クラフターのここがすごい!

「三栄クラフター」は、次世代の大工の育成を目的に誕生。
プロとして必要な技能やビジネススキルを、働きながら身につけていただけます。
会社組織だからこそ可能となった、充実の育成システムをご用意。
メルディアグループの一員として、安心のサポートを整えています。

三栄クラフターは、三栄建築設計が母体にある為、現場は豊富にあります。
上棟の場合、通常の大工が年間8棟の家を建てた場合、その大工は1年に8回上棟を行う事になりますが、三栄クラフターの場合段階で知識・技術を習得するため、上棟だと月に多い時は10回あります。
上棟だけではなく土台やその他も1棟につき1回しか行えない作業が三栄クラフターの場合、1カ月で他の大工の1年分の作業を行えます。この重複が出来る環境化が最大の強みで、1年たてば大工の10年分に匹敵する量をこなしている事になります。
もちろん技術も知識も得ることが出来るので、三栄クラフターが5年で1人前の大工を育て上げられるのは、この重複及び現場が豊富だからこそ出来る事が最大の強みであります。

クラフターのここがすごい!

失敗なんて怖くない!

自社物件をやっていくので、思い切ってやってもらうことができます。
もちろん実際にやってもらうまで、知識と練習は研修期間を取って研修スペースで練習します。
昔ながらのやり方は、そのための時間をなかなかさいてくれません。
でもクラフターでは、新しいことを始める時は座学で説明して技術を身に着けてから実際の業務をやって自社物件だから、失敗してもきっちりやり直せば大丈夫。

古い師弟関係なんてない!

古き良き時代の習慣なのかもしれませんが、三栄クラフターには師弟関係はありません。
若い大工が多いので、学生気分はしっかりと研修で社会人としての意識に切り替えて頂きますが、クラフターの大工の関係性を例えるなら一番近いのは、学生時代の部活の先輩後輩の感じです。
先輩から学び、時には肩を並べ、苦楽を共にして家を建てていく環境です。

見て学ぶより、覚えてやる!

三栄クラフターのすごい所の一つは、現場で見させるだけで触らせないことは一切行いません。
他の大工のやり方の多くは現場で作業している事を見せることはしますが、すぐに行わせる事はしません。
三栄クラフターはもちろん最初にお手本としての見本は致しますが、それからは道具や木材に直接触れて作業を行います。当然失敗はしますが、失敗し覚えて行きますので、作業内容も技術も他よりも格段に早く覚えることが出来る体制です。

チェックと評価で見える上達!

工事内容で2回のチェックを行います。
1回目は金物チェック、2回目は木工事完了チェックが上司より行われます。
このチェックがある事で自分が出来ていないところが明確になり、出来ないところを重点的に直すことが出来ます。又出来上がりの収まり、見栄えが悪い場合は、やり直しをさせ今後はこのような工事はしてはいけないと注意をされる事で自身の再度の見直しが出来、さらなる高みを追求できる体制になってます。

同じ思いの仲間がそばにいる!

三栄クラフターでは、大工になりたいと本気で思う仲間がいます。
どの仕事にも同じ思いの仲間はいると思いますが、大工の仕事は覚えることも多く非常に難しい事も有ります。また、暑さ寒さが一番の敵になります。しかし本気の仲間がいるからこそ乗り越え成長できる環境があります。

自立支援、パートナ契約制度!

自分の成長に合わせて段階的に自立できるサポート体制があります。

安心のサポート体制

一人前の大工として成長するまで、安心のサポート体制

三栄クラフターでは、技能・知識の習得支援はもちろん、
宿舎など生活面を含めた様々なサポートをご用意。
そして、OJT(仕事を通じた指導)終了後も、
当社が属するメルディアグループの豊富な現場にてご活躍いただきます。
仲間と共に、一人前の大工へと不安なく成長できる環境を整えています。

シェアハウス完備。
仲間と共に楽しみ、競い合う毎日。

研修期間は、シェアハウスにて、同期の社員大工と共同生活をしていただきます。仲間同士ひとつ屋根の下で暮らしながら、共に学び、共に楽しみ、また良きライバルとして競い合える。より良い環境のもと、成長を支援させていただきます。その後の宿舎についても、当社にて準備させていただきます。

メルディアグループなら豊富な
現場があるから成長できる。

メルディアグループの親会社である株式会社三栄建築設計(東証一部上場)が手がける豊富な現場で、数多くの経験を積む事ができるから、プロフェッショナルな大工へのいち早い成長が望めます。